パーソナライズドラーニング

iPadを使った子供

2019-2020学年度は、ランドルフがAPSのPersonalized Devices Initiativeに参加して6年目です。 2年生、3年生、4年生、および5年生の生徒は、教室で毎日使用できるiPadを持っています。 さらに、3年生から5年生の生徒は、より多くの学習機会を得るために毎日iPadを持ち帰ります。

背景

このイニシアチブは、地区の使命に基づいています。「アーリントン公立学校は、生徒に学習への愛情を植え付け、責任ある生産的な地球市民になる準備をする」 APSは、絶え間なく変化する世界に向けて学生を準備するために、私たちが住んでいる世界に備えるための学生を学習体験に参加させる必要性を認識しています。 2011-17 APS戦略計画の一部であるこの目標を達成するために、教師は、各生徒が挑戦され、関連性のある有意義な学習に従事する、個別化された学習環境の育成に取り組んでいます。

個別学習のメリット

パーソナライズされた学習は新しいものではありませんが、テクノロジーは私たちがこの目標に向けてより大きな進歩を遂げるのを助けており、多くの素晴らしい利益を見出しています。

  • 教室は生徒中心であり、教師の役割は単なるゲートキーパーや単一の知識源ではなく、学習を導くファシリテーターとしての役割です。
  • パーソナライズされた学習を通じて、学生は批判的に考え、より高いレベルのスキルを使用するよう求められます。
  • 生徒は、自分の学習を制御する機会が多く与えられると、学習により深く関わります。
  • 教師はフィードバックを即座に提供できるので、生徒は自分の考えに調整を加えて作業を改善できます。
  • コラボレーションツールを使用すると、生徒と教師は学校の内外で簡単にコミュニケーションをとることができます。
  • 生徒は、問題を解決し、アイデアを表現し、新しい学習を生み出し、教室のチームの一員として、また仮想的に働くスキルを開発するためのより創造的な方法を模索しています。

これらは21世紀の大学やキャリアでの成功に必要なスキルであり、APSは生徒に高品質の学習体験を提供して、生徒が高校を超えて生活できるよう準備できることを誇りに思っています。